観望会連絡掲示板
乙女高原の観望会、田奈の観望会等の情報を掲載します。
名前
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)
 お疲れ様でした V−1親父  2014年6月29日(日) 14:24
修正
みなさん、お疲れ様でした。
残念ながら二日間共に“絵に描いた様な梅雨空” でしたが、『そんな時の為の“反射鏡研磨ワークショップ”』が順調に進みました。
全員が砂磨りの第一段を通過し、「韋駄天O田」さんは第三段の400番を突破。
焦点距離も狙い通りの深さに収める事が出来ていて、今朝やっと出てきた太陽で像がちゃんと結ぶことを確認できました。

星はアークチュルス(たぶん)がちらっと見えただけでしたが、これは次回に期待です。

7月の観望会は25日からで、例年梅雨は明けており、絶好の夏の夜空を楽しめそうですから、期待しましょう。

なお、帰路には土曜日に開通した、JKさんご推奨の「圏央道 愛川IC」を利用してみました。
八王子Jcnから11分で愛川ICに到着、国立府中より良いかな?と思いましたが、その後が少し混んでしまい、帰宅までの所要時間は思った程の短縮とはなりませんでした。
中央道の混雑状況を見てどっちを選択するか、決めるようです。

また次回も「晴れたら星」、曇ったら「鏡」で大いに楽しみたいと思います

 あけおめ(古っ) V-1親父  2014年1月1日(水) 0:00
修正
乙女を愛する皆さん、明けましておめでとうございます。
今頃 乙女の大地は固く凍りついているでしょうが、少し我慢すれば、また美しい星空を我々に提供してくれる事と思います。
今年は月末・月始が観望の好機になる月が多いようです。
三月末から雪さえなければ乙女に行けそうですから、昨年不満足だった方も今年は大いに期待してスケジュールを組んで頂きたいと思います。
今年は派手な天文現象は10月8日の皆既月食位しかありませんが、その分じっくりと好きな対象を見たり、新しい発見をしたりできると思います。

2014年が良い年になるよう心から期待しています。

 大きくなあれ!ISON彗星 V−1親父  2013年10月14日(月) 23:44
修正
三連休の「お中日」に乙女に行ってきました。
今年は巡り合わせがいいのか悪いのか、秩父・原村・滝根と催事はオールパスの冴えない年になってしまい、おまけに乙女は8月から三か月連チャンの曇り・雨で些か欲求不満が高まっていました。
そこで、天気予報を信じ、折から噂がちらほら出てきたISON彗星の様子をうかがおうと・・・・。
画像はレグルスの隣の火星の、そのまた隣にいたISON彗星です。
NIKON D90 80−300mmZoom 270mm F5.6
ISO1250、120秒で辛うじて所在確認ができました。
夜半までは上弦後の月がありましたが、日付が変わってからはほぼ満足できるレベルの空になってくれました。

最後に、謎かけを一題
 ISON彗星とかけて 我が家の孫二人  ととく。
 その心は
       どちらも今後の成長が楽しみです

お粗末さまでした。

 7月観望会疲れ様でした スタッフみやもと  2013年7月15日(月) 0:50
修正
雲に邪魔されながらも2日とも何とか星空をお楽しみいただけたのではないでしょうか?
金曜日に撮影した天の川のいて座あたりからわし座辺りをUpします。
【撮影データ】
CANON KiSS X2(SEO-SP Type2改造)
ISO=800
Tv=180sec.
F=6.3
CANON FISHEYE LENS EF15mm
Desital Photo Professional及びPhotoshop Elements8で調整,縮小
ポラリエ使用

 真夏の乙女はアブがいっぱい V−1親父  2013年7月8日(月) 16:26
修正
7月の乙女観望会の日程が変更になり、七夕の空は一週間延期となりました。
小生は13日早朝から午後まで、どうしても外せない用件がある為、当初の日程通り(ちょっとずらして)、土日で金峰山荘に行ってきました。
 予報では土曜の夜から好転するはずの雲行きが、結局“ちょっとだけよ”の曇り空で、望みは日曜の夜に何とかなってほしいと・・・・・。
 結論から言うと、昼間は期待大の夏空、21時から1時間位降雨!
 その後は雲が飛ぶ中南天を主体に晴れ間が広がり、最後のショットで過去最良の流星写真が撮れました。
 「最後の」というのは、この一枚に感動して、早々に引き揚げたからです。
 後で調べたら、群流星ではなく、純粋な散在流星のようで、カシオペアからペガサス・アンドロメダ方向に飛びました。
 M31や二重星団が同一視野に写っていますので、場所の感じも味わっていただけるかな?と思います。
 今まで群流星のシーズンを狙って流星写真を撮ってきましたが、これほど“いい感じ”の一枚はありませんでした。
 使った玉はSIGMAの28mmF2.8で、玉の良し悪しと流星の相性は存在しない事が判明しました。
 しかしこの時期乙女はアブやミツバチ、その他の飛翔昆虫が大変な数です。
 おまけにキツネが一匹周りをうろうろしており、下手に食料を置いておくと悪さをされるでしょうね。
 今週末の好天をお祈りしています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  全 99件 [管理]
CGI-design